オナニーしすぎて早漏に?そんなバカな話とは

美味しそうなバナナ
「イクのが早い」

と自覚症状がある人、それは早漏かもしれません。

自己判断できる早漏の基準は、挿入して一分以内にいってしまうかどうかです。

じつはこの早漏、原因はオナニーのしすぎかもしれないってことご存知でしたか?
敏感すぎるチンコの理由は、仮性包茎というケースがほとんどだそう。

普段は皮をかぶっているため鈍感になっているチンコが、オナニーやセックスで皮がむけることで超絶敏感になることで早漏になる現象です。

そのため、何気なくやっている皮オナは今すぐ辞めるべき、必須項目。

皮がない状態でどれだけ刺激に耐えら得るか訓練することで、早漏を防ぐことができます。

長い目で考えると、仮性包茎を外科手術することもアリです。
一度の手術で悩みが解消するため、女性と恋愛してもセックスで恥ずかしいといった屈辱的な経験をしなくてすむわけです。

また、普段のオナニーを利用して、射精をコントロールすることもできます。
その名も寸止め。

射精しそうになったら寸止めし、オナニーをする、そしてまた寸止めをするを繰り返すのです。これにより、実際の膣の中の摩擦にも耐えうる意志の強さを身につけることができます。

ほかにも、早漏の原因には加齢があります。
現在の年齢が40歳以上であれば加齢による早漏の可能性が十分に上がってきます。

これを防ぐには、筋トレをすること。
肛門周りにあるPC筋を鍛えることで、射精のタイミングを調整することができるのです。
加齢を阻止することはできないけれど、男の自身の象徴であるチンコを鍛えることはできるというわけ。

PC筋を鍛えることで、射精も勢いよくすることができ、ゴムなしでセックスするとまるで若かりしころに戻ったかのような官職を得ることができます。