オナニーとAGAの関係性とは

はげている男性
都市伝説のような感じで、オナニーをしすぎるとハゲになると耳にしたことはないだろうか。

本当かどうか、オナニーはしたいけれどハゲるのは嫌だと誰もが思うところ。

諸説あるがオナニーをすると男性ホルモンが増えるため、ハゲるという噂が徐々にひとりあるきしていった様子。

つまり、オナニーをするとハゲるのかどうかは可能性としてはほぼゼロに等しい。

実はAGAの原因は、大きく分けて3つ考えられる。

・遺伝的
・ストレス
・生活習慣
・外的要因

やはりともいうべき遺伝。
父や母の代で大丈夫そうであっても、隔世遺伝でハゲになるケースも多い。

ココからはそんなAGAの詳しい話をみていこう。

遺伝は避けられない!?予防策とは

両親のどちらかが薄毛やハゲであれば、遺伝としてハゲになるリスクは高まる。

とはいえだからといってあきらめるのはまだ早い。

今は科学が進み、早期に対策をすればハゲを予防したり、進行を阻止することが可能だからだ。

また薬などの治療薬だけでなく、すぐに実践できる食事や生活習慣にも注意を払いたい。

たとえば、偏った食事では毛が生えるための十分な栄養がとれず、髪の成長に大きなダメージを負いかねない。

とくにタンパク質やミネラルは積極的に摂取していきたいところ。

日々の食生活を今一度みなおしていこう。

毛細血管とも深い関わりが!?日頃のケアについて

ハゲの原因は、抜け毛の増加と毛が生えてこない発毛にある。

予防という概念で言うと、外的要因でもあるシャンプーやヘアカラーには気を配りたいところ。

健康な毛周期は、発毛から成長期、後退期までを規則的に回るのが通常。

この毛周期が乱れてしまうと、ハゲのリスクが高まりAGAとなってしまうのだ。

そのためオススメはミノキシジル配合のシャンプーや頭皮マッサージをし血行をよくすること。

さらに症状が進めば早めの段階から飲み薬を処方してもらうのもアリだ。